オーダーメイドステンレスシンクトップ


 

桃ノ木製作所では、オーダーメイドのステンレスのワークトップを製作しております。

家具工房や、工務店、設計事務所などのプロの方から、一般のユーザーの方まで対応させていただいております。

 

「シンクは既製品でトップの奥行きを大きくしたい。」

「mm単位で製作する板金シンクが欲しい」

「壁出しの水栓を使用したい」

などご要望のシンクトップを製作いたします。サイズ、形状は自由自在、全国へ配送または発送いたします。

ステンレスワークトップ製作事例

「裏打ち合板」の無いステンレスシンクトップも


裏打ち合板!?

ステンレスの裏側に貼ってある合板のことです。

 

下記の理由からステンレスに合板の裏打ちをします。

1 ステンレスなどの板材は「曲げた場所」は強くなるが、広く平らな部分はそのままだとベコベコする

2 下の引き出しなどの収納部分とトップを固定するためにビス(ネジ)が効く場所が必要

3 木の無垢材は反ったり割れたりする 材料も高額

 

※通常のプレスシンクが組み込まれているワークトップはステンレスの厚みが0.8mmから1.0mmほどになります。

※ハンドメイド板金シンクの場合でも、シンク、トップの厚みは1.5mmほどのステンレス板を使用します。

 

「せっかく、下の収納を栗のオール無垢材で製作したので、合板は使用したくない。」

「そもそも家自体に、新建材を使用していない!」

 

などご依頼いただく理由は様々です。

 

 

桃ノ木製作所では、

「ステンレスの厚みを2mmにし、裏にステンレスの部材を取り付けて」製作しております。

※トップ部分を2mmまで厚くしたために薄いプレスシンクを組み込むことは出来ず、1.5mmの板での板金シンクでの製作のみになります。

 

完全オーダーメイドのシンク、トップを合板、接着剤を排除し製作いたします。

 

 

<参考価格 送料、消費税別途>

 

W2400  ¥200000 〜

W2550  ¥220000 〜

W2700  ¥240000 〜

W2800  ¥250000 〜

※シンク形状により変動します